お仏壇・お仏具を探す

日々の暮らしに手を合わせる心を

ご本尊(仏像)

各宗派の本尊である仏像は、仏壇の中央に安置します。
本来の意味でのお仏壇は本尊のためのものであり、お仏像は大変尊いものとされています。

截金(きりかね)と呼ばれる金箔貼りの伝統技法を用いた国内仕上げのお仏像や、ダイヤモンドなどの宝石で装飾したお仏像など、お仏壇の中心に位置するにふさわしい、未来につながるお仏像をご用意しております。

お仏像は、菩提寺で魂入れ(開眼法要)をしていただいてからお祀りします。

ご本尊(仏像)

本尊の種類

宗派ごとにお迎えする本尊が変わります。不明な点はスタッフまでお気軽にご相談ください。

宗派と本尊の表

宗派 本尊 宗派
天台宗(てんだいしゅう) 阿弥陀如来/釈迦如来(あみだにょらい/しゃかにょらい) 天台大師(てんだいだいし) 伝教大師(でんぎょうだいし)
真言宗(しんごんしゅう) 大日如来(だいにちにょらい) 弘法大師(こうぼうだいし) 不動明王(ふどうみょうおう)
浄土宗(じょうどしゅう) 阿弥陀如来(あみだにょらい) 善導大師(ぜんどうだいし) 法然上人(ほうねんしょうにん)
浄土真宗本願寺派(じょうどしんしゅうほんがんじは) 阿弥陀如来(あみだにょらい) 親鸞聖人(しんらんしょうにん) 蓮如上人(れんにょしょうにん)
真宗大谷派(しんしゅうおおたには) 阿弥陀如来(あみだにょらい) 十字名号(じゅうじみょうごう) 九字名号(くじみょうごう)
臨済宗(りんざいしゅう) 釈迦如来(しゃかにょらい) 脇掛は各派によって異なります
曹洞宗(そうとうしゅう) 釈迦如来(しゃかにょらい) 承陽大師(しょうようだいし/道元(どうげん)) 常済大師(じょうさいだいし/瑩山(けいざん))
日蓮宗(にちれんしゅう) 曼荼羅(まんだら) 鬼子母神(きしぼじん) 大黒天(だいこくてん)

※日蓮宗の曼荼羅の前に日蓮上人の仏像を置きます。

お位牌

四十九日の忌明け後に仏壇に祀られ、その後末永くお祀りすることになる位牌を本位牌(ほんいはい)といいます。

お位牌の詳細はこちら >

お仏像

各宗派の本尊である仏像は、仏壇の中央に安置します。本来の意味でのお仏壇は本尊のためのものであり、お仏像は大変尊いものとされています。

お仏像の詳細はこちら >

仏具

ご本尊やお位牌をお祀したお仏壇には、いくつかの仏具が必要になります。

仏具の詳細はこちら >

「お数珠」「お線香・ローソク」「お盆飾り」

「お数珠」「お線香・ローソク」「お盆飾り

出雲殿互助会会員様は、会員様特別価格にてお仏壇・墓石をご提供しております。(※一部除外品あり)

出雲殿互助会について >